医療用レーザーの種類

医療機関で脱毛に使われているレーザーで主流になっているのは、現在では、ダイオードレーザーとアレキサンドライトレーザーの2種類です。クリニックによって使われている機器は違いますし、私たちから見ると同じように見えるレーザーも、仕組みや特徴が少しづつ違っているのです。自分の肌質や毛質にあったレーザーを知って、脱毛したいものです。
ダイオードレーザーは、今のところ最も使われている脱毛機器であり、皮膚面を接触冷却しながら照射します。出力が一番高いので、うぶ毛やヒゲの脱毛にも効果的です。冷却装置で肌を圧迫して脱毛するので、痛みが少なく、照射漏れのおそれが少ないということです。
アレキサンドライトレーザーは、アレキサンドライトという宝石を使いメラニン色素に反応させる仕組みを持っています。皮膚を冷却しながら脱毛するので、ジェルを使用しません。効果はダイオードレーザーと同等の効果を持っています。
ルビーレーザーは、あまり使われていませんが、メラニンの吸収率が高く、肌の白い人向きのレーザーと言えます。色素の濃い部分などには火傷の危険性がありますので不向きです。
ヤグレーザーは、メラニンへの反応が比較的弱いため、日焼けした肌や色素の濃い部分への使用に適しています。メラニンへの吸収率が低いために、脱毛効果は弱いです。この機器を使用しているクリニックは少ないです。
このように、いろいろな種類のレーザーを使った脱毛ができますので、肌や毛質を考えても施術してもらうと満足のいく結果が得られると思います。