吉祥寺の人気脱毛サロンランキング > 全身脱毛の種類 > やはり手近な自宅での自己処理

やはり手近な自宅での自己処理

af0100014297自宅で全身脱毛の自己処理をする場合は、皮膚トラブルへの事前予防が大切です。生理中の処理は肌がデリケートになっている場合がありますので、止めておくほうがいいでしょう。

正しいシェービングの方法としては、よく切れるカミソリを使わなければいけません。切れ味の悪いカミソリを使用すると、つい肌に強く当てたりしてしまい肌への負担が大きくなってしまいます。

シェービング前の皮膚は清潔にしておきましょう。入浴後でしたら、清潔になっていますので最適ですね、お風呂の中に入ったままだったりしますと、お湯の中の雑菌がむき出しの毛穴に入って、トラブルの原因になったりします。

あとは、クリーム、ローション、フォームなどを使って、肌への負担を少なくして、毛の流れに沿って剃りましょう。

ただ、アンダーヘアにつきましては、毛の流れもバラバラだったりしますが、上から下に向かって剃りましょう。Vゾーンのデザインなども、シェービング前に考えてから剃りましょう。

IOラインは、自己処理しないほうが安全です。処理の後には、保湿のできるクリームやローションを塗っておきましょう。

脱毛クリームでの脱毛は、毛を溶かす力のあるクリームですので肌に優しいとは思えません。パッチテストの上、全身に使うにしても、アンダーヘアは専用のものを使うか使わないほうが無難でしょう。顔は論外です。

ワックス脱毛は、毛抜きで抜くのと同じような原理ですが、一気にベリっと抜けますので、比較的皮膚の強い部分には適しています。

最後に、シェービング、ワックス、クリームなどを使っての処理し損ねた毛は、毛抜きで抜いてしまいましょう。
どんな処理法でも、IOラインについては危険ですし無理だと思いますので自己処理は止めて、サロンかクリニックで施術してもらいましょう。